脇の黒ずみの原因になったカミソリでのワキ毛処理をやめたい

ムダ毛といえば、私は人より早いのか遅いのか、中学2年生になったときにわきの下のムダ毛が生え始めました。

母や姉に、ムダ毛の処理の仕方を教えてもらった訳でもなく、自分でカミソリを買ってきて処理をしたことを覚えています。
その頃から大学生になるまで、いつもカミソリで剃っていたんですがある暑い日、友達がタンクトップを着ていて、彼女の脇と私の脇の色の違いにびっくりしました。

私の脇は黒ずんでいて、毛穴もすごく目立っているのに、友達の脇はきれいな肌色。

何年も剃っていた結果、肌を痛めてしまい黒ずんでしまったんです。それだけではなく、カミソリで傷ついた毛穴にばい菌が入り、赤くはれ上がったりもしました。できるだけ脇のムダ毛の処理回数を減らしてみたり、厚着でいられる間は処理をしなかったりしてもみました。

でも好きな人ができて彼氏ができてみると、処理をしない訳にはいかず、今度は毛抜きを使ってできるかぎり抜いて処理をするようになったんです。
でも、やっぱり脇の下のムダ毛処理に時間がかかるのと、すべての毛を抜くことはどうやっても無理なので、結局デートの時などはカミソリで剃るかたちになってしまいました。
脇の下の皮膚にストレスというか負担をかけた結果、それが黒ずみにつながっている事は十分承知しているのですが、やはりカミソリでのケア、自己処理になってしまい結局、今もまだ黒ずんだままです。
正直、恥ずかしくて仕方ありません。

これ以上、黒ずみを進ませない事、そして、少しでも脇の下の黒ずみ改善させるにはワキ脱毛してしまう事が一番なのかと思っています。
ちょっと調べてみたら、ワキ脱毛であればかなり安くできるようなので本格的に脱毛エステや脱毛サロンでの脱毛を検討しています。

これまで脇の下のムダ毛はずっと自分でカミソリで剃っていました。

中学生の時から脇の下のムダ毛は自分で処理しています。いわゆる自己処理です。

初めて剃ったのは、中学のプール授業の前でした。
授業当日の朝、慌てて剃ったのですが、カミソリでの剃り方がよくわからず、肌を切ってケガをしてしまいました。
切ってしまった以上、その傷の周りはそれ以上、ムダ毛を処理する事ができませんでした。

こんな中途半端にワキ毛の剃り残しがある状態でプールの授業に望まなければならない状況に非常に嫌な気分になりましたが、休むわけにもいかず、プールの授業中はできるだけ脇を挙げないように気を使っていましたし、脇を切ったせいでプールの授業中ずっと脇の下がピリピリと痛いままでした。

それ以来、お風呂に入った時に気をつけながら女性向けのT字カミソリで自分で剃っていますが、どうしても肌の表面を削り取ってしまって、ワキの下の皮膚がガサガサに荒れてしまいます。
滑りがよくなるようにクリームで保護してから剃ると、肝心のワキ毛の剃り残しが多くなってしまうんです。
剃り残しの青々とした状態や黒くポツポツとした状態になってしまうのです。

また、もともと肌が弱いので、ボディソープの泡を付けて剃っていましたが、やっぱりカミソリで脇の下を剃った後は肌が荒れてしまい赤くなってしまったりして失敗ばかりでした。

カミソリではなく、毛抜きでワキ毛を抜いたりしましたが、ワキの下の皮膚がカミソリで剃った時以上にブツブツになって「鳥肌」のようになってしまいました。
それに、毛抜きで抜くと痛くて全部抜き終わる前にイヤになって、結局中途半端のままやめてしまいます。

そして、結局またカミソリで剃るようになりましたが、やっぱり肌は荒れるしカミソリで剃っただけだと黒いムダ毛の剃りあとが残ってしまい自分で見ていて「汚いな」と感じてしまいます。

おかげで、夏になってもタンクトップなんて1度も着た事がありません。
気持よく脇の下を気にせず過ごせるようになりたくて最近は、脱毛エステや脱毛サロンでのワキ毛の脱毛を考えている状態です。